Things a little bird told me

街中の鳥さんのこと、日常の出来事などを綴っています。

コジュケイ

 

7月に入って最初の休日に大好きな森へ。

暑い日でしたが山に行くと日陰は涼しいです。

 

 

 

キジバトかと思って覗いてみたら、

すごい大きな声で鳴いていたコジュケイの夫婦。

f:id:chocotarou:20180706232341j:plain

 

 

聞きなしは「ちょっとこい」ですが、この日は違った鳴き声のようでした。

コッコッコッていう声で2羽で鳴き交わしていました。

f:id:chocotarou:20180706233031j:plain

f:id:chocotarou:20180706233053j:plain

 

 

オスとメスの区別は脚の中程にある蹴爪の有無らしいです。

オスには蹴爪があり、メスには蹴爪がないそうです。

下の写真は、右脚に蹴爪のようなものが見えます。

f:id:chocotarou:20180706233118j:plain

 

 

オスの後ろ姿。蹴爪が見られます。

f:id:chocotarou:20180706233429j:plain

 

 

こちらがメスかな。

蹴爪の確認はできなかったけど頬の赤みがオスに比べると薄いです。

f:id:chocotarou:20180706233605j:plain

f:id:chocotarou:20180706233611j:plain

f:id:chocotarou:20180706233615j:plain

 

 

コジュケイは、本州から九州にかけて、積雪の少ない地域に留鳥として生息しているそうです。帰化鳥であり、中国東南部の原産のようです。キジバトと同じぐらいの大きさで、繁殖期には、カルガモのように、山で何羽も子供を連れて歩いている姿を見られるそうです。