Things a little bird told me

出会った野鳥や自然のことを中心に綴っています。

カイツブリさんの子育て

まだまだ暑さが厳しい8月下旬。 他の鳥さんたちがそれぞれの子育てをほぼ終えた頃、 カイツブリさんが子育てをしていました。 カイツブリと言えば、カモさんたちから少し離れたところで、 ポツンと泳いでいる小さな水鳥さん。 視線を感じるとすぐに水の中に…

また来年の春に

カルガモさん一家と、スズメっ子ちゃんを見た帰りに、 暑さしのぎで山を歩いた。 繁殖期が終わった山では、鳥たちの歌合戦は聞こえて来ず、 蝉の声だけが響き渡っていた。 メジロさんとコゲラさんがちょろっと姿を見せてくれたけど、 夏鳥の姿は皆無。 ちょ…

甘えん坊さん

池の周りには、可愛らしいカルガモの赤ちゃんの他にも、 スズメの子が親鳥を追いかけていました。 ずっと親鳥を追いかけて羽をパタパタさせていますが、親鳥は知らんぷり。 「もう自分でごはんを食べられるでしょ!」と言わんばかり。 甘えん坊なスズメっ子…

カルガモ母さんと赤ちゃん

暑かったお休みの日の朝。 小さなため池で、カルガモの一家に出会った。 カルガモさんたちは、ゆっくりお散歩しながら餌を探しているようでした。 お母さんは7羽の雛が迷子にならないように雛の後ろを泳ぎ、見守っていました。 羽繕いの時間♪ お母さんが池か…

飛ぶ!コシアカツバメさん

ハグロトンボの黒い羽がカッコ良くて好きだ コシアカツバメのコロニーへ行って来た。 毎年、お山の近くの施設の建物に集団で営巣をしている。 コシアカツバメはツバメの仲間で、 日本では、夏鳥として東南アジア等から繁殖の為、飛来する。 ツバメに比べると…

ヤマガラさん一家とサンコウチョウさん

オスのカワラヒワさんが飛んできた 「可愛くとってや!」のメジロちゃん キビタキの幼鳥さんと別れたあと、「ねえねえねえ!」と ヤマガラさんの声が聞こえて来た。 立ち止まって待っていると、頭上の木の枝にヤマガラさん一家が集まってきた。 親鳥が子ども…

独り立ちしたキビタキ幼鳥さん

森でキビタキの幼鳥さんに会いました。 嘴はまだ薄い黄色っぽい色で、羽の色は褐色。 成鳥のオスの黄色いスイレンの花のような、 メスの落ち着いたオリーブ色の羽とは程遠い姿。 見るからにまだふわふわな幼羽に、頼りなさすら感じた。 今にも親鳥がやって来…

梅雨の合間に出会った鳥さんとセキレイさん

梅雨の合間(7月)。 雨が上がった渓流沿いを歩いていると、 ゴロゴロした石の上でかくれんぼをしている鳥さんがいた。 虫干し中???石の間から「チラッ」 起き上がって何か言ってる。 何か見つけたらしい 嘴の色が薄いので、キセキレイの若鳥さんみたい。…

かいかい~!

コシアキトンボのメスか若いオスさん 公園で見かけたコシアキトンボさん。 名前の由来は、オスの腹部が白くて空いているように見えるから。 (と、Wikipediaに教わった) メスまたは未成熟のオスの腹部は黄色。 4月下旬に出会った幼鳥と親鳥 公園で可愛い子ど…

おしくらまんじゅうおされてなくな!

前回の続き… 4月下旬のお話。 親鳥たちが出かけている間、 エナガっ子たちは、親鳥に言われた通り、 移動せずに桜の木の枝をピョンピョン移動して餌を探してみたり、 ツツジの生垣の向こうを探検していた。 やがてそれにも飽きたのか… ちょこんと枝でリラッ…

エナガキッズ!

この春、会いたかったのは、 まだ出会ったことの無い青い鳥御三家の1種、コルリ。 昨年一瞬だけ見られた、コマドリ。 同じく昨年、偶然山歩きで薄暗い中見られた、エナガ団子だった。 外出禁止要請さえ無ければ…。 4月の週末は近くの公園を散策する程度…。 …

オオルリとヤマガラキッズと環境保護

ぼさおは今どうしてるのかな… と、再び近くの山に入ったのは6月末のことだった。 まだ繁殖シーズンだけど、早くに帰って来た子達の雛は既に巣立っている。 繁殖が終わると囀らなくなるので、 視覚に頼って葉の生い茂った中で小鳥たちを観察するのは難しくな…

目にはアオバ

今年もなんとか、紫陽花を見ることができて良かった。 青葉が生い茂る頃、神社の境内には綺麗な色とりどりの紫陽花が真っ盛り。 青葉の影からちょこんと顔を出してくれた今年生まれのシジュウカラさん。 親鳥と一緒に行動はしていたけど、もう自分で餌を捕っ…

強く、美しく、可愛い女子たち

立ち止まってウツギの花の写真を撮っていたら、 綺麗なオオルリの囀りが聞こえて来た。 囀りはどんどん大きくなって来て… 捕らえた虫を枝に打ち付けて弱らせる、メスのオオルリさん 美しい囀りの主はメスのオオルリさん。 じっとこちらを見つめ、虫を咥えた…

尾羽の短い、彼

6月の山歩き&Birding 山道をどんどん奥へと歩いている途中、羽を休めていたトンボに見つめられた。 可愛い大きな目で見つめられる 沢蟹が、山の斜面側から沢に向かって山道を横切っていた。 沢蟹ってずっと沢にいるものだと思っていたけど、雨の日は川から…

6月の山にて

近所の山では巣立ちの時を迎えていたようで、 ヤマガラの子どもたちが、親鳥について飛び回っていた。 もう自由自在に飛び回れるんやでーという風に楽しそう飛び回っていたけど、 餌はまだ完全に自分で捕り切れるようではないのか、 親鳥が時々、子どもたち…

ツバメっ子

今年も3月中旬頃から夏鳥の先陣を切って、ツバメたちが到着していた。 北西の季節風が和らぎ、追い風になる南寄りの風に乗って、 渡り鳥たちは日本にやって来るそう。 海岸線を辿り、内陸に入ると川沿いに北上してくる。 3月、川に行くと複数のツバメが上空…

おかえり、ぼさお!

外出自粛期間中は、近所の公園でBirdingをしていたけど、 公園の桜が散り、エナガの親子に出会ったあと、 近所の山に入った。 山の季節の移り変わりは少しゆっくり。 少しひんやり感じる空気を吸い込み、自然を感じながら歩くのは気持ちいい。 まだ山桜を見…

Narcissus Flycatcher

ギリシア神話に登場する美青年、Narcissusは泉の中の美しい少年に恋をした。 その美しい少年が実は、水面に映った自分の姿だということに気付かずに。 少年に心を奪われてしまったNarcissusは泉から離れることができなくなり、 そっと少年の唇に自分の唇を重…

春の渡りのコサメビタキさん

春の渡り。 近所の公園にも夏鳥たちが姿を見せた。 ある日の早朝、コサメビタキさんに会いました。 枝から枝へと飛び回りながら、得意のホバリングで虫を捕らえていた。 (ホバリングしている姿は撮れなかったけど…) ひとり、小声でぶつぶつと呟くように囁…

公園のふわふわ毛玉さん

気持ちの良い朝の公園で、鳩さん 6月。 そろそろここも梅雨の季節。 梅雨に入る前にやっておきたいことが(掃除関係…)たくさん。 バンちゃんもごはん探し 外出自粛期間中にお掃除動画にはまり、これなら私でもできるとか、 これは大掛かり過ぎて無理そうだ…

春の公園で出会った鳥さん

ムクドリのカップルをよく見かけるようになった春先の公園。 まだ桜が咲く前に、1羽のヤマガラさんに出会った。 山ではよく出会うヤマガラさんも、公園で出会うのは久し振り。 この日出会ったのは1羽だけ。 ムクドリのカップルたちの横で、ちょっと寂しそう…

働きもののコゲラさん

「外出自粛要請」でこの4月と5月の休日に行こうと思っていた山へは行かなかった。 山は3密にはならないのだろうけど。 私の鳥見は行き当たりばったりで、適当に近くの山を登山しながらが多いのだけど、近所の山でさえあまり登ろうという気分にはなれなかった…

旅鳥のシマアジさん

ちょっと前(4月)の話になるけど、 初めてシマアジさんに会うことができた。 (※魚ではなく、カモさんの方) シマアジは日本では春と秋の渡りの時にだけ見られる旅鳥。 偶然訪れた池で会えることができてラッキーでした。 この池には2ペアが旅の途中、羽を…

おうち時間

ゴールデンウィークが終わったけど、緊急事態宣言が継続されることになった。 ゴールデンウィークは買い物に出かけたり、近所をウォーキングしたりしたぐらい…。 帰省もせず、旅行にも行かず、山にも上がらなかった。 自転車で行ける距離にある裏山に上がろ…

小、中、大!のシラサギさん

自宅で過ごす時間が多くなり、 時間ができたらやろうと思っていたことをしながら過ごしている。 いつも掃除できてないところ(洗濯パンとか…)を掃除したり、 溜まっていた録画を見たり、 マスクを手作りしてみたり…(☜今一番ハマっていることはコレ)、 過…

夫婦になったよ

「ふぁ~あ…いい天気だわ」 新婚さん、よそよそしいなあ。もう少しお互いに近づいて下さいよ♫ 「…だってさ!」 「…適度な距離感がいいのよ」 満開のチューリップ畑を見に行きたかったけど、自粛で諦めていたら、 道の駅の花壇に綺麗にチューリップが咲いてい…

いとおしい瞬間

3月末。 渡り鳥のカモたちはどんどん旅立ちを迎え、数を減らしていた。 そんな中、カモの中では数が多いのかのんびりなのか、 例年4月頃まで見られるヒドリガモさんだけは、 どのカモたちよりも多く池で休んでいた。 遠くの方で、メスのヒドリガモさん同士が…

桜に集う小鳥たち

コロナウィルスも怖いけど、今現在は花粉症が悩ましい。 今年はマスクをしている時間が長いせいか、症状が抑えられているように思う。 これが更に不安な気持ちにさせる。 なんだか少し喉が痛い…夜になると軽い頭痛がする… 例年なら花粉のせい、と思う。 し…

遠すぎた…けど、初めましてのヤツガシラさん

3月の暖かかった午後。 この辺ではめったに出会える鳥さんではないとか… これを逃すと次いつ会えるん? 会えるのか?まだ居てるのか? ドキドキワクワクして目的地に到着すると… 長い嘴、黒と白の縞々の背中と冠羽のユニークな姿の鳥さんが1羽。 初めまして…