Things a little bird told me

鳥さんや自然のことを中心に綴っています。

銀の馬車道

 

播但は両親の出身地なのでこの辺はよく訪れていたのですが、

最近はめっきり訪れる回数も減りました。

 

小学生の頃、夏休みや正月になると同級生は親の帰省で九州に船で帰るとか、新幹線に乗ってついでに観光地も行くとか、田舎が遠い子が多かった。両親の田舎が車で約2時間の場所で近かった自分にとってはとてもうらやましかったです。

でも、県内に車で2, 3時間の場所に田舎の風景、鳥たちの囀ずる声や家の裏に流れる小川の沢蟹、夏山から聞こえてくるヒグラシの声、冬は積雪となる自然、ご飯が美味しいところがあるなんてとても貴重な場所だなと今は思います。現在も子供の頃の当時の景色のままでほとんど変わっておらず、訪れる度に懐かしく、ほっとします。

 

 

f:id:chocotarou:20180705213952j:plain

 

 

 

銀の馬車道とは、兵庫県朝来市生野町にある生野鉱山から、姫路市飾磨港までの49kmを繋ぐ馬車道のことを言います。かつて生野鉱山でとれた、銀、銅や錫などの輸送用に敷設されました。フランス人技師のレオン・シスレーを招へいし、当時ヨーロッパの最新技術であるマカダム舗装(※)を取り入れ、1875年着工、1878年竣工しました。日本初の高速道路だそうです。(※マカダム舗装とは砕石を敷き詰めローラーで圧し固めて施工する。スコットランドの技術者、ジョン・ラウドン・マカダムが考案)

 

 

f:id:chocotarou:20180705213920j:plain

 

 

f:id:chocotarou:20180705211220j:plain

 

 

 

1895年に播但鉄道(JR播但線)が開通したため、輸送は馬車から鉄道に変わり、

1921年馬車道は廃止されました。

国道312号線沿いにある、道の駅「銀の馬車道・神河」の東側に当時の馬車道の面影が残っています。

f:id:chocotarou:20180705212437j:plain

 

 

カルガモさんも田んぼの中からこんにちは(^^)

f:id:chocotarou:20180705212459j:plain

 

 

一見、馬車道だったとはわからない。

f:id:chocotarou:20180705212517j:plain

f:id:chocotarou:20180705212542j:plain

f:id:chocotarou:20180705212609j:plain

f:id:chocotarou:20180705212619j:plain

f:id:chocotarou:20180705212720j:plain

f:id:chocotarou:20180705212727j:plain

f:id:chocotarou:20180705212738j:plain

f:id:chocotarou:20180705213420j:plain

 

 

お昼は道の駅で穴子天うどんを頂きました♫

穴子が大きくて柔らかくて美味しかったです。出汁も最高でした。

f:id:chocotarou:20180705214202j:plain