Things a little bird told me

鳥さんや自然のことを中心に綴っています。

コウノトリと足環

 

 

 

但馬高原植物園に向かう途中の田んぼでコウノトリに会いました。

体が大きいので遠くからでもすぐにわかる。

豊岡のコウノトリの郷で見たことはあるけど、

こうして自然の中で餌を獲っている姿を見るのは初めてでした。

 

 

 

 

熱心に嘴で土を突っついています。

時々顔を上げて、餌を飲み込む様子が見られました。

 f:id:chocotarou:20181206225631j:plain

f:id:chocotarou:20181206225709j:plainf:id:chocotarou:20181206225824j:plain

 

 

 

コウノトリの郷から放鳥された個体、野外で生まれ育った個体全てに足環がつけられています。

 

f:id:chocotarou:20181206230320j:plain

 

 

 

この子には右足に黒、黒の2つ、左足に上から黒、黄、黄、3つのリングがあります。

右足の長い方のリングには個体識別番号が書かれているそうです(かすかにJPYという文字が見えます)。

 

f:id:chocotarou:20181208173711j:plain

 

↓のコウノトリの郷公園の足環カタログから、この子はコウノトリの郷から放鳥された父母が野外で繁殖した、2008年4月19日生まれ、6月22日に巣立ったメスのJ0006のようです。

 

 

兵庫県立コウノトリの郷公園、足環カタログ

http://www.stork.u-hyogo.ac.jp/downloads/ind_identif.pdf

 

 

 

近くにもう1羽が同じように餌を探していました。

最初、雄雌のペアかな?と思っていたのですが、足環カタログでチェックすると、

右足に黒、黒のリング、左足に上から黒、黄、緑のリング…

2008年4月17日生まれ、2008年7月2日に巣立ったメスのJ0009で、上のJ0006と父鳥が同じ。異母姉妹!?

 

f:id:chocotarou:20181208175351j:plain

 

 

 

 

皆さんの街にもコウノトリが飛来したら是非、足環をチェックしてみてください。

中には行方不明になっている子もいるようなので、もしかしたら皆さんの街にひょっこり現れるかも!?

 

f:id:chocotarou:20181208181158j:plain

  

f:id:chocotarou:20181208181258j:plain

 

f:id:chocotarou:20181208181330j:plain

 

 

 

さすがに相手が大きすぎるのか、追い払おうとせずただただ見てるだけのアオサギさん。

 

f:id:chocotarou:20181208181402j:plain

 

f:id:chocotarou:20181208181439j:plain

 

  

 

☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

コウノトリ

英名:Oriental Stork  学名:Ciconia boyciana

体長約112㎝

明治時代の乱獲で数は激減。兵庫県但馬地区と福井県若狭地区を除いて絶滅。但馬地区では、出石藩の藩主により霊鳥として保護されていた。飼育下での繁殖のため、最後の野生の個体を捕獲したことにより、1971年、国内の野生の個体は絶滅。その後、国内の動物園で繁殖が進められる。コウノトリの郷公園では、1985年にロシアから野生の幼鳥を受贈、以後、繁殖、放鳥を経て、現在の個体数は約140羽程まで回復しているそう。兵庫県の県鳥。(Wikipedia, コウノトリの郷公園サイトより)

 

コウノトリの郷公園での取り組み等。

👇  

兵庫県立コウノトリの郷公園