Things a little bird told me

出会った野鳥や自然のことを中心に綴っています。

ファンキーな頭の彼

 

 

縄張り主張に忙しいのか、下の方の枝になかなか降りて来てくれないルリビタキさんと別れ、

いつものコースをどんどん歩いていく。

 

 

 

メスのアオジさん。

お昼ごはんを探し中かな?

f:id:chocotarou:20190125225542j:plain

 

 

オスのアオジさん。

キョロキョロ。仲間を探しているの?

f:id:chocotarou:20190125225931j:plain

 

f:id:chocotarou:20190125230053j:plain

 

 

 

茂みの中でガサガサと音がしたので、そっと覗いて見ると、シロハラさんが休憩中でした。

f:id:chocotarou:20190125230950j:plain

 

f:id:chocotarou:20190125231057j:plain

 

f:id:chocotarou:20190125231152j:plain

 

 

 

鳥さんたちもお昼の休憩モードになってきたので、シロハラさんと別れ、荷物を降ろして持って来たおにぎりをほおばる。

ぽかぽか陽気の中で食べるおにぎりは美味しい。

自然の中で食べる、贅沢なランチだ~。

 

 

f:id:chocotarou:20190125231720j:plain

 

f:id:chocotarou:20190125231809j:plain

 

 

 

この後、ベニさんが出たというポイントに戻ってみる。

でもベニさんには会えず…。

帰りかけた時、カシラダカっぽい群れが木の枝から地面に降りたり上がったりと、なんだか活発に動いていたので、遠くからそっと様子を伺う。さっきのカシラダカ達かな?

 

 

 

ん?この黄色い頭は…

f:id:chocotarou:20190125232356j:plain

 

 

オスのミヤマホオジロさん。初めまして!

f:id:chocotarou:20190125232654j:plain

 

 

急いで後ろを振り返る。

ミヤマを探していた方が何人かいた、けど、

誰もいない…え~っ⁉皆帰っちゃったの?

 

 

f:id:chocotarou:20190125233047j:plain

 

f:id:chocotarou:20190125233202j:plain

 

f:id:chocotarou:20190125233228j:plain

ちょっと遠かった。

 

 

オスのミヤマホオジロは、初見だったのですが、黄色い顔に黒いマスクが斬新でとってもカッコいい。胸には逆三角形の黒いスタイ…(撮れなかった)

ここではベニマシコと並んで人気者。

 

 

 

📝ミヤマホオジロ

学名:Emberiza elegance

英名:Yellow-throated Bunting

体長は約16㎝。日本には越冬のため、中国大陸、ロシア等から全国に飛来。

和名の深山頬白の深山は、遠隔の地という意味で、昔は一部地域にしかいないと思われていた。

 

 

 

メスのジョウビタキさん。

ここに来たらいつも会う子。

f:id:chocotarou:20190125235719j:plain

 

「五度め、まして」

f:id:chocotarou:20190125235804j:plain

それくらいですよね…よくお会いしますよね

 

 

「営業時間終了。休憩中よ」

f:id:chocotarou:20190125235923j:plain

 

「綺麗に撮りなさいよ」

f:id:chocotarou:20190126000026j:plain

はい(-_-;)承知しました。

 

 

 

先程のオスのルリビタキさんが下の枝に降りて来ていました。

 

 

 

「僕、ここ気に入ったよ」

f:id:chocotarou:20190126000503j:plain

 

f:id:chocotarou:20190126000536j:plain

 

「ここ僕の縄張りやから、よろしく!」

f:id:chocotarou:20190126000609j:plain

 

f:id:chocotarou:20190126000643j:plain

 

f:id:chocotarou:20190126000716j:plain

 

承知しました。

 

 

 

 

📝ルリビタキ

学名:Tarsiger cyanurus

英名:Red-flanked Bluetail

体長14㎝。留鳥または漂鳥として、夏は主に亜高山、冬は平地から山地の林などに越冬のため降りてくる。 

オスは、上面が青色。脇は橙色。メスは、上面がオリーブ褐色で、尾は青みをおびる。

オスは生まれてから2年間はメスと同じオリーブ褐色の色をしているので、若鳥の間は雌雄の判別が難しい。

2年生き抜いてやっと、成鳥の美しい青い羽の色に換わるそうです。

 

 

 

 

本日も御覧頂き、ありがとうございました!