Things a little bird told me

出会った野鳥や自然のことを中心に綴っています。

青い鳥

 

森で出会った鳥さんたちです。

 

探鳥に人気の公園がそれ程遠くない所にいくつもあるのですが、

自然に近い状態で放置されているこの場所が好きで、来てしまう。

ただ、ここも最近は変わって来ているよう。

 

いつも同じ場所にいる、ジョウビタキのオス。

今季、ジョウビタキさんもたくさんこの森に越冬に来ています。

今年の冬は暖冬ということもあり、餌が豊富なんだろうな。

 

f:id:chocotarou:20190219223555j:plain

 

今季、ここをどうやら気に入ってくれたルリビタキのオス。

逆光や~、と思ってカメラに視線を移した数秒の間。

見上げたらもういなくなっていた。

 

f:id:chocotarou:20190219224724j:plain

 

 

f:id:chocotarou:20190219225310j:plain

 

アオジのオス。

茂みの中の餌を食べつくしたのか、よく姿を現すようになった。

 

f:id:chocotarou:20190219225453j:plain

 

年明けからシロハラも一気に増えた。

但しここのシロハラさんはシャイなので、あまり姿を見せてくれない。

 

f:id:chocotarou:20190219225633j:plain

 

至る所にアオジ

 

f:id:chocotarou:20190219225825j:plain

 

f:id:chocotarou:20190219225925j:plain

 

「バァ~!」

f:id:chocotarou:20190219230023j:plain

 

f:id:chocotarou:20190219230456j:plain

 

「食後のハミガキだよ~ん」

f:id:chocotarou:20190219230628j:plain

 

「あ~スッキリ♡」

f:id:chocotarou:20190219230840j:plain

 

 

📝

アオジ

学名:Emberiza spodocephala

英名:Black-faced bunting

体長は約16㎝。北海道や本州中部以北で繁殖し、冬は中部以西で越冬。

名前につけられた青は、青葉などと同じ昔の緑色の意。体は濃緑~山吹色。

 

 

f:id:chocotarou:20190219231811j:plain

 

ルリビタキのところに行ってみると、ちょうどヒヨドリの群れが、

ペチャクチャ賑やかにお喋りしながらやって来ていた。

木の実をつまんだり水を飲んだりして、去った後しばらくして、

「カカカカカッ」という小さな鳴き声。

ヒヨドリの群れが滞在していた間どこかで待っていたのか、

いつもの枝に戻って来た。

 

f:id:chocotarou:20190219231852j:plain

 

f:id:chocotarou:20190219232312j:plain

 

ここは日があまり当たらず、日陰になっている時間が多い。

派手な青色の体を外敵から隠せるからこの場所を選んだのかな?

 

f:id:chocotarou:20190219232541j:plain

 

ふと目を離した隙にいなくなり、また現れる。

人をあまり恐れない、不思議な青い鳥。

会いたいと思って会いに行くと会えない。

幸せの青い鳥は、望んでも出て来ない。

でも、実は

 

 

ジョウビタキのメスもたくさん。

いつものお嬢様とは違う子。

 

f:id:chocotarou:20190219233039j:plain

 

草むらで、「カカカカカッ」と鳴きながら食事中だった別のお嬢様。

しばらくすると枝にとまり、姿を見ることができた。

 

f:id:chocotarou:20190219233122j:plain

 

お嬢様たちに見送られて、森を後にした。