Things a little bird told me

出会った野鳥や自然のことを中心に綴っています。

春の陽気に包まれて 渡る鳥 留まる鳥

 

早朝、霜が降りていたけど

すぐに暖かな陽が差し込んで来て、一気に解けた。

少し風はあったけど、もう冬の陽射しではなくて、

優しく包みこまれるような春の陽射し。

ちょっと力が湧いてくるような、新しい生活が始まるような感じ。

 

 

 

ヤマガラの群れがやって来た。

これまでの「ビービー」の地鳴きではなくて、

「ツーツーピー、ツーツーピー」と枝にとまって囀っていた。

f:id:chocotarou:20190324211706j:plain

f:id:chocotarou:20190324211922j:plain

 

 

続いてエナガも登場。

いつ見てもコロコロしてて可愛い。

f:id:chocotarou:20190324212049j:plain

 

 

 

f:id:chocotarou:20190324212452j:plain

小さくて可愛いオオイヌフグリの花がたくさん咲いていた。

 

 

 

今季、森の同じ場所でずっと縄張りをはっていたオスのルリビタキさん。

留守で不在の時もあったけど、だいたいこの場所に来ると会えた。

この日はジョウビタキのオスが木の実を狙って縄張り内に侵入し、すかさず追い出しにかかっていた。

ヤマガラヒヨドリなんかがやって来ている間は、どこかに避難?してるみたいだけど、同じヒタキ科の侵入者には真っ向勝負するのかな。

 

 

「ここは僕の場所やで」と言わんばかり。勝利を収めたルリビタキさん。

f:id:chocotarou:20190324213031j:plain

 

 

 

 

f:id:chocotarou:20190324213434j:plain

ちょっと目に枝の影💦

 

 

 

f:id:chocotarou:20190324213731j:plain

 

 

 

枝が頭上でカーブして、アーチになってる。

花でデコってあげたい♪

f:id:chocotarou:20190324213914j:plain

 

 

ルリビタキのオスの若鳥の羽の色はメスと同じ緑褐色。

長生きできたオスだけ、生後2, 3年で青い羽色に変わるそうです。

3年目よりも4年目の方が青が濃く美しくなるそう。

しかしルリビタキの平均寿命はおよそ3年~4年と言われているそうです。

美しい羽色に換わっても、そんなに長くは生きられないのかと思うと切ない。

f:id:chocotarou:20190324214241j:plain

f:id:chocotarou:20190324214323j:plain

 

 

小鳥たちは、その命を一生懸命、ただ前だけ見つめて生きている。

 

 

今日のような日が明日も明後日も続くとは限らなくて。

すごく幸せでも不幸せなわけでもないのだけど、

今日と同じ日が、まるで永遠に続いていくかのように錯覚している。

 

 

人生の選択肢や、日常生活の中で、迷ったり悩んだりする人間を見たら、

「何悩んでる!ただ前に進むだけや!迷ってる時間なんてないねんで!」

って、きっと、小鳥たちに叱られてしまいそうよね。

 

 

 

 to be continued...