Things a little bird told me

鳥さんや自然のことを中心に綴っています。

長い尾を持つバラ色のアトリ

 

今季なかなか出会うタイミングが合わなかった、ベニマシコさん。

この日やっと会え、食事中の姿を撮らせて頂きました。

嘴にいっぱい新芽をつけながら、ムシャムシャムシャムシャ。

辺りを警戒しながら食べ続けていました。

この日は、午前中は日が照り付け暑かったのですが、お昼を過ぎる頃になると空が暗くなり、雨が降って来るという変なお天気でした。

  

 

 

f:id:chocotarou:20190404162314j:plain

f:id:chocotarou:20190404162414j:plain

  

 

 

遠くでムシャムシャ。

f:id:chocotarou:20190404162519j:plain

f:id:chocotarou:20190404162556j:plain

こちらに気づくとすぐに飛んで行ってしまいます💦

 

 

 

木の高いところに戻って来てムシャムシャ。

f:id:chocotarou:20190404162640j:plain

f:id:chocotarou:20190404162757j:plain

 

 

 

この子は若いオスなのかな?

顔の部分はほんのり紅色だけど、

でもお腹は紅というより、白イチゴ。

f:id:chocotarou:20190404163055j:plain

f:id:chocotarou:20190404163140j:plain

 

 

 

こちらは女の子だろうと思います。

f:id:chocotarou:20190404163232j:plain

f:id:chocotarou:20190404163330j:plain

 

 

後ろ姿も。

f:id:chocotarou:20190404163359j:plain

 

 

 

低い枝に降りて来た時にこっそり撮影。

f:id:chocotarou:20190404163435j:plain

f:id:chocotarou:20190404163621j:plain

 

 

皆、無事に故郷に帰れますように。

また冬に会えるといいな。

 

 

f:id:chocotarou:20190404164043j:plain

 

 

 

📝

ベニマシコ(紅猿子) 

<スズメ目アトリ科>

学名:Uragus sibiricus

英名:Long-tailed Rosefinch

体長約15cm。夏は北海道や東北地方で繁殖し、冬はほとんどが本州以南に移動し越冬する。オスの夏羽は紅色で頭や喉が白っぽくなる。メスは全体に黄褐色。冬になると雌雄ともに羽色は淡くなる。名前の由来は、オスの顔が猿の顔のように赤い色をしていることから。

英名は長い尾を持つバラ色のアトリ。

英名はバラで、日本名は猿なのか…。