Things a little bird told me

鳥さんや自然のことを中心に綴っています。

ヒヨドリの羽繕い

 

小川に1羽降り立ったヒヨドリ

暗い場所で豪快に水しぶきを上げて水浴びをしていた。

水に浸かってバシャバシャ。

すぐに岩の上に飛び乗る。

それを何度も繰り返した後、辺りを伺いながら長い間羽繕いをしていた。

 

 

f:id:chocotarou:20190623133122j:plain

f:id:chocotarou:20190623133242j:plain

ヒヨドリさんはとっても綺麗好き。

  

f:id:chocotarou:20190623133310j:plain

f:id:chocotarou:20190623133338j:plain

f:id:chocotarou:20190623134348j:plain

念入りに羽繕い。

  

f:id:chocotarou:20190623133410j:plain

頭からびしょ濡れ。

  

f:id:chocotarou:20190623133440j:plain

f:id:chocotarou:20190623133506j:plain

パタパタ~っと羽を乾かす。

 

 

元々は山にいた鳥。

街で見かけるヒヨドリさんよりも山に棲むヒヨドリさんの方が、

生き生きとしているように見える。

桜の花の蜜をよく吸っているので、「さくら鳥」という素敵な別名があるんですって。

そう言えば、よくメジロさんを蹴散らして桜を一人占めしているところを見かける。

もう少し仲良くしたらどうかな?

 

 

f:id:chocotarou:20190623133544j:plain

 

 

とっても可愛い巣立ちっ子さん。

黄色い嘴。ほっぺがほんのり赤い。

f:id:chocotarou:20190623133616j:plain

 

 

📝

ヒヨドリ

スズメ目ヒヨドリ

学名:Hypsipetes Amaurotis

英名:Brown-eared Bulbul

体長約28cm。留鳥又は漂鳥として全国で見られる。木の実が少なくなる冬は北にいるものは暖地へ移動する。雌雄同色。全体に灰褐色で、下腹は白い。英名、Brown-earedは顔の耳があるあたりの茶褐色の部分を指している。ヒヨドリの飛行は少し羽ばたいて上昇し、翼を閉じて滑空するを繰り返す省エネ飛行。軌跡が波型のようになるので波状飛行と言われているそう。