Things a little bird told me

birding, nature and favorites with photos

夏鳥たちの時間

7月上旬の森。

ミヤマカワトンボかな?

f:id:chocotarou:20190730155715j:plain

 

 遠くで鳴いていたサンコウチョウ、メスさん。

f:id:chocotarou:20190730155800j:plain

ここにはサンコウチョウがたくさん飛来して来ています。

歩いているとホイホイホイの声がよく聞こえて来ます。

暗い場所で飛び回っているので姿を探すのが大変!

 

 

オオルリのオスさんと、

f:id:chocotarou:20190730160602j:plain

 

オオルリのメスさんのペア

f:id:chocotarou:20190730160919j:plain

 

この夏、いくつか山を上がって、オオルリを観察していて思ったのですが、

山ごとに鳴き声が違うように感じた。

最初にオオルリの声を聞いたぼさおがいる山と、この山のオオルリの歌声は全然違う。

ぼさおの山のオオルリたちは、歌が似ているように思いましたが、

この山のオオルリたちは、それぞれ歌が全然違って聞こえる。

それぞれの縄張り間の距離、のせいなのかな?と思った。

 

ぼさおの山で最初に聞いたメロディは、「ピールーリー♫」だったのですが、

その後ぼさおの山でこの声で鳴いているオオルリを聞いたことが無く、

皆、せかせかしたメロディーに変わっていきました。

ぼさおの山ではオオルリの縄張り間の距離が近くて、

そのため、隣のライバルの歌声が気になって、

お隣さんの歌を真似し、自分の持ち歌にアレンジしていたのかな?

(あくまで私感ですが…💦)

 

そう思ったきっかけは、こちらの本👇

著者自身が小鳥たちの行動、歌声を観察して発見したことが書かれています。

とても興味深いです。

鳥の歌声に関して、ご興味がある方は是非。

 

「歌う鳥のキモチ」著者:石塚徹

歌う鳥のキモチ 鳥の社会を浮き彫りに | 山と溪谷社

 

 

f:id:chocotarou:20190730164553j:plain

キツネノカミソリ

 

キビタキの声もとても綺麗なの。

他の鳥や虫の鳴き声を真似して自分のレパートリーにしてしまう器用な鳥さん。

f:id:chocotarou:20190730164857j:plain

 

ちょこちょこと登場してくれるヤマガラさん。

f:id:chocotarou:20190730165103j:plain

 

ちょっと薄暗くなった場所で、クロツグミさん。

地面を歩き回ってミミズのようなものを捕まえた。 

f:id:chocotarou:20190801081309j:plain

f:id:chocotarou:20190801081337j:plain

f:id:chocotarou:20190801081359j:plain

この後、ミミズをくわえて飛び去りました。

 

 

モリアオガエルの卵塊

f:id:chocotarou:20190730165851j:plain

f:id:chocotarou:20190730170033j:plain

川の流れの無い場所や池など、

晴れの日が続いても干上がらないような深くなった場所を見つけて、

その上の木の枝に産んでいるそうです。

この卵は地面から2mぐらいの高さの木の枝にぶら下がっていました。

この卵の下は小川の流れの無い場所。親はよく考えて産んでいるのですね。

約1週間ぐらいでこの泡の中にある数百個の卵が孵化し、

雨が降って卵塊が流れ落ちるのを待つそうです。

 

 

f:id:chocotarou:20190730172358j:plain

モリアオガエルはなかなか出会えないので、かわりに近くにいたトノサマガエル。

 

 

激しく水浴びをしていたヒヨドリさん。

f:id:chocotarou:20190730172548j:plain

f:id:chocotarou:20190730172555j:plain

 

素敵な出会いに感謝です♫

最後まで御覧頂きありがとうございます。