Things a little bird told me

鳥さんや自然のことを中心に綴っています。

ツバメのねぐらと平城宮跡 ツバメのねぐら立ち

前回、平城宮跡のツバメのねぐら入りを見て来たという記事を書きました。

今回は、その他観察してきたツバメのねぐらと、

平城宮跡のツバメのねぐら立ちについて書いておこうと思います。

引き続きツバメのねぐらの日記になりますが、ご興味あればお付き合い下さい。

 

商店街の電線ねぐら 

平城宮跡のツバメのねぐらは周辺で巣立ったツバメとその親鳥たちがやって来るだけでなく、渡りの時期になると南下してくるツバメの中継地点となっているそうなんで、結構規模が大きいねぐらです。

 

それほど大きくは無く小さなねぐらになるけど、自然に近い街の中だと👇このようなねぐらもいくつかあるようで、地元兵庫の某地域ではこのような電線を利用したねぐらがいくつかあるみたいです。

f:id:chocotarou:20190917160221j:plain

f:id:chocotarou:20190917160311j:plain

f:id:chocotarou:20190917160438j:plain

ツバメの数はピークで400羽~500羽(ざっくり数えてみた)でした。

恐らく主に周辺で巣立った家族で構成されているねぐらだと思われます。

9月になると数が一気に減り、9月半ばまでには全員旅立つようです。

電線ねぐらで問題になるのは、糞を落とされることなのですが、見ていると不思議なことに、ツバメたちは、数がピーク前や渡りが始まり減って来ると道路の真ん中の電線を避け、道の端に平行に伸びる電線にとまるようになります。

まるで上から人間の様子を観察しているかのようです。

 

また動画を作成してみました。

※お時間のある方は御覧になってみてくださいm(__)m

 

 

住宅街にあるねぐら

こちらのねぐら👇は住宅街にある小さなため池の周りに生えた葦をねぐらにしています。規模はピークで約10,000羽ぐらいだそうです。周辺で巣立った家族がメインで、南下組も多数いるのではないかな?と思います。

f:id:chocotarou:20190917161404j:plain

f:id:chocotarou:20190917161417j:plain

夕暮れの住宅地の中を乱舞するツバメたち

f:id:chocotarou:20190917161807j:plain

住宅地の中にあるため池で水浴び

f:id:chocotarou:20190917162017j:plain

池の上をグルグル旋回したあと、池の周りに生えた葦の葉で羽を休める

f:id:chocotarou:20190917162141j:plain

f:id:chocotarou:20190917162233j:plain

昨年は10月頃までには、数羽~数十羽ぐらいまでに減っていました。

 

ところで私の実家では毎年夏、夕方になると家の前の電線にムクドリの集団がやって来ていました。糞が落ちてくるので、学校から帰ってきて家に入る時にいつもタイミングを見計らってムクドリたちの下を通っていました。

ムクドリのねぐらは竹林、雑木林だそうですが、そのような場所は減って来ているので街中の街路樹や電線、建造物の上などに集団でいるところをよく見かけます。

 

ツバメもムクドリも農作物の害虫を食べてくれる益鳥でもあります。

野生動物が住みにくくなってきている世界で、変わってゆく街並みに鳥たちも順応し生きて行こうと知恵を振り絞っているように思います。

ツバメは街中で増えて来たカラスに見つかるまいと、外から見えないような場所を選んで巣をかけたりしています。

 

ツバメがやって来る街は近くにまだ野生動物たちが暮らしていける自然が残されているからだと思います。このままツバメたちが飛来し続ける街であって欲しいと思います。

 

凝り出すと止まらない動画作成💦

※お時間がある方は御覧くださいm(__)m

 

 

平城宮跡 ツバメのねぐら立ち

最後に3連休の最終日に平城宮跡のツバメのねぐら立ちを見に行ってきましたので、その時の様子を書き記しておきます。

 

9月の1週目に見に行ったツバメのねぐら入り(約20,000羽だったようです)から更に数が減り、約10,000羽まで減っていたようです。

(※数は、日本野鳥の会奈良支部、奈良ツバメねぐら研究部等の方々の調査のサイトを参照させて頂きました。サイト:http://migratorynara.la.coocan.jp/2019heijyokyuseki.tubamenegura.html)

  

早朝5時に平城宮跡に到着。空はまだこの暗さでした。

f:id:chocotarou:20190917171455j:plain

 

暫くすると、1羽、2羽と早起きのツバメたちが葦原から飛び出しました。

暗くてよくわからなかったのですが、何かが薄暗い中で飛んでいました(笑)

 

少し明るくなると、ツバメたちのジャジャジャという声がしてきます。

その声が大きくなり、1羽、2羽…群れでねぐらから凄い勢いで飛び出してきました。

f:id:chocotarou:20190917172151j:plain

1羽、2羽とねぐらから飛び出すツバメ

f:id:chocotarou:20190917172247j:plain

f:id:chocotarou:20190917172359j:plain

 

ねぐら入りの時のように集団で、葦原の上をグルグル旋回したりしません。

葦原から一気に集団で飛び出して来て、あっという間に南東の空へと飛び立って行きました。

一気に全員が飛び出すのではなく、集団での飛び出しが5~6回間隔を開けてありました。中には1羽だけ、2,3羽だけで飛び出すこともありました。

f:id:chocotarou:20190917172800j:plain

葦原から飛び出しあっという間に遥か彼方の空へ

 

東からねぐら入りしたので、西か、南西に飛び立つのかと思っていましたが、ツバメたちが向かったのは南東でした(奈良公園の方角?鹿に会いに行ったのか…)。

日の出までに全てのツバメたちが出発していきました。

 

うまく撮れていませんが💦ねぐら立ちの動画も貼っておきます。

お時間ある方は御覧になってみて下さいm(__)m

 

 

最後まで御覧頂き、ありがとうございました☆

皆さまにとって良い一日となりますように!