Things a little bird told me

鳥さんや自然のことを中心に綴っています。

雨が止んだら

 

9月1週目はまだまだ残暑が厳しかった。

この日は、渡り途中のコルリに会えないかな、と期待しながら山に入った。

コルリは青い鳥御三家のうちの1種(他はルリビタキオオルリ)で、

日本では夏鳥として飛来するけど、ここでは春と秋の渡りの時期に立ち寄るだけだ。

春の渡りの時もタイミングが合わずに会うことができなかった。

結果的にこの日も会うことができなかった…が、

ちょっと素敵な出来事があったので書き残しておこう。

 

山道に足を踏み入れると鳥たちの気配が無い…。

もしかすると鳥たちはまだ避暑地にいるのだろうか?

なんて思いながら歩いていると、

はるか頭上で何やら騒がしい。

目を凝らすとエナガの集団が1羽の鳥さんを取り囲んでいた。

囲まれてしまった鳥さんはメスのサンコウチョウだった。

f:id:chocotarou:20190913222852j:plain

右下からエナガのリーダーが飛んできた

f:id:chocotarou:20190913223314j:plain

3羽のエナガに囲まれてしまったメスのサンコウチョウさん

f:id:chocotarou:20190913223453j:plain

エナガのリーダーに警戒され、サンコウチョウさんは困り顔

 

この後、サンコウチョウは移動したようでちょっと目を離した間に居なくなっていた。

エナガの集団も徐々に移動して行った。

 

ちょこっとだけ顔を見せてくれたヤマガラさん。

f:id:chocotarou:20190918211725j:plain

 

ムシクイさんもチラっと。

f:id:chocotarou:20190918211912j:plain

 

この後、鳥さんに会わない。

山道を進んで行く。

空が暗くなってきた。

天気予報では雨が降るなんて言ってなかったのに。

 

雨が強くなってきた。

仕方なく近くの木の下に入り、雨具をリュックから出す。

引き返そうにも山道をだいぶ来てしまってる。

さっき挨拶を交わしたハイカーさんたちはどこで雨宿りをしているんだろう。

誰もいない雨の山の中でポツンと一人雨宿り。

 

30分ほどして雨が小降りになってきた。

すると、それまで雨の音しかしていなかった森の中で、

ギーギーとかビービービーと言う声がしてきた。

遅れて蝉も鳴き始めた。

まるで「もうすぐ雨が上がるよ!」という合図のようだった。

その合図のあと、雨が降る前出会わなかったのに、

一斉に鳥たちが現れた。

雨が降った後は虫が出てくる。

その虫を狙って我先に!とたくさんの鳥たちが目の前の木立で追いかけっこを始めた。

 

最初に登場したのはコゲラさん。

f:id:chocotarou:20190919145119j:plain

f:id:chocotarou:20190919145144j:plain

 

ヤマガラさんもたくさん飛び回っている。

f:id:chocotarou:20190919145423j:plain

f:id:chocotarou:20190919145458j:plain

 

長い尾羽がなくなったオスのサンコウチョウも出て来た。

f:id:chocotarou:20190919150745j:plain

f:id:chocotarou:20190919150809j:plain

f:id:chocotarou:20190919150838j:plain

 

キビタキ男子は2羽が激しく喧嘩を始め、勝利を収めたオス君👇

f:id:chocotarou:20190919150951j:plain

 

 

f:id:chocotarou:20190919151128j:plain

 

 

f:id:chocotarou:20190919151207j:plain

 

動きが早すぎてほとんど撮れなかったけど💦

雨のおかげでたくさんの鳥たちに会えました。