Things a little bird told me

出会った野鳥や自然のことを中心に綴っています。

オシドリ

カラガラさんと別れて歩き出すと、

池にオシドリがたくさん飛来していた。

実はオシドリとはこれが初めての出会い。

オシドリのオスの羽はとてもカラフル。

メスは落ち着いた色合いで可愛らしくて、メスさんばかり目で追っていた。

 

ちょっと距離があって、遠かった💦

皆、のんびりと過ごしていた。

15羽ぐらいいたオスさんの中にメスさんは僅か3羽程。

これからどんどん飛来してくるのか、どうか?

f:id:chocotarou:20191223205725j:plain

 

 

仲の良い夫婦のことをおしどり夫婦なんて言うが、

実はオシドリも他のカモさんたちと同様に、繁殖が終わればつがい解消らしい。

カモさんは、メスが1羽で卵を温め、孵化したら子育てもする。

えらいなあ…。

オシドリのオスもエクリプス期はメスと同様の羽色になるそうですが、

嘴は赤いままだそう。嘴で雌雄の色を識別できる。

f:id:chocotarou:20191223205906j:plain

f:id:chocotarou:20191223210115j:plain

f:id:chocotarou:20191223210759j:plain

左のオスさん、寝てる💤

 

しばらくすると、オスさんが集まって来て…

何を思ったか1羽が岸壁のお立ち台へ。

f:id:chocotarou:20191223211046j:plain

お立ち台に上がった、1羽のオスさん

f:id:chocotarou:20191223211200j:plain

別のオスさんもお立ち台に近づく…

f:id:chocotarou:20191223211249j:plain

交替

f:id:chocotarou:20191223211319j:plain

「よっこらせ」

 

📝オシドリ(鴛鴦)

学名:Aix galericulata

英名:Mandarin Duck

全長約45㎝。日本国内を季節移動する漂鳥(留鳥)。中部以北で繁殖し、冬は西日本に飛来し越冬する。オスは嘴が赤く、立ち上がっているようなオレンジ色の三列風切羽が特徴的で、銀杏羽とも言われている。メスの嘴は赤みのある黒。全体的にグレー褐色。アイリングと目の後方から後頸に向かって白い線がある。ドングリや草の種子、昆虫等も食べる。

 

 

🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂🍂

 

 

週末に年賀状を書き終えた。

友人から「今年から年賀状を止めてみようと思う」と言われた。

納得半分。

でもちょっと寂しさを覚えた。

確かに年末は、仕事もギリギリまであるし、家の用事もあるしで、忙しくてバタバタしていて、年賀状を書くのが面倒くさいと思う時もある。

送るなら元旦に届いて欲しい…と変なプレッシャーを自分に課してしまう。

近頃職場なんかで知り合う人とも、電話番号を交換するぐらいで、住所まではお互い聞かない。

個人情報だし、そこまで聞かなくてもラインやメールで連絡ができる。

そんなわけで、年賀状からメールでの挨拶にだんだん変化して来ている。

お互いストレスにならない、いい方法だとは思うのだけど、

やっぱりちょっと寂しいかな。