Things a little bird told me

鳥さんや自然のことを中心に綴っています。

マリー・フレデリクソン

 

2019年12月9日、RoxetteのMarie Fredrikssonが亡くなった。

2002年に脳腫瘍で倒れ、約17年に渡る闘病の末、61歳という若さだった。

病気と闘いながら、新しいアルバムを発表し、ツアーも行っていた。

 

☆☆☆

 

私が最初にRoxetteのことを知ったのはラジオから流れて来た曲だった。

初めて聴いた瞬間、ハートを撃ち抜かれてしまった(笑)

女性ボーカルの力強く、時に切なく、時に優しい歌声と、男性のセクシーなかすれた歌声、カッコいいギター、キャッチーなメロディー。

小遣いを貯めて初めて買ったCDは、Roxetteの"Look Sharp!"というアルバムだ。

CDジャケットに載っていた、ブロンドのベリーショートのカッコいいお姉さんに憧れ、甘いマスクのお兄さんに恋をした。

 

それからRoxetteのアルバムを集めた。女性のMarieのスタイルを真似て、高校生の頃はショートヘアだった。スキニージーンズとショートブーツをはいた。

恋をした時、泣きたくなった時、辛いことがあった時、Roxetteの曲が一緒に泣いてくれ、励ましてくれ、自信をくれた。

あんな風にカッコイイ大人の女性になりたい!

Marieはいつも私の中で一番の憧れの女性だった。

いつかスウェーデンで暮らし、Roxetteのライブを見に行くという夢ができた。

(叶えていないけど…)

 

 

訃報を知って泣きながら、晩御飯の支度をしながら歌を口ずさんだ。

 

病気と闘い続けながら大好きな歌を歌い続けたMarie。

Roxetteは私の中でいつでも最高だった。

私の青春だった。

 

学生の頃、挫折したスウェーデン語の勉強をもう一度始めてみようかな。

そして、スウェーデンに行ってみたい。

(実は…長時間のフライトが苦手なのだ。子供の頃に機内で一度過呼吸を起こしたことがあり、トラウマとなっている(-_-;))

 

 

☆☆☆

 

Roxetteスウェーデン出身のMarie FredrikssonとPer Gessleの男女デュオ。

それぞれ別のバンドで活動していた2人が1970年代に出会い、世界的なスターになることを夢見て1986年に、デビューアルバム、"Pearls of Passion"を本国で発表した。

 

1988年、2枚目のアルバム、"Look Sharp!"が発表され本国では大ヒットとなった。その頃、たまたまこのアルバムの3枚目のシングル、"The Look"を聴いた、米国のミネアポリスからの留学生がこの曲を気に入り、帰国した際に地元のラジオ局にこのアルバムを紹介した。ラジオ局が"The Look"を流したところ、たちまちヒットとなり、アルバム”Look Sharp!"は米国のヒットチャートでNo.1アルバムに輝いた。こうしてひとりの米国人留学生により、Roxetteは早い段階で世界的に有名なバンドとなった。

 

その後もRoxetteは立て続けにヒット曲を出した。日本でも、リチャード・ギアジュリア・ロバーツ主演映画、「プリティ・ウーマン」の主題歌となった"It must have been love"や、土曜日の日本テレビで放送されている「満天青空レストラン」のBGMで流れている曲、"Sleeping in my car"などは、聞いたことがある人もいるかもしれない。

 

2001年、7枚目のアルバム"Room Service"を発表した後、Marieは脳腫瘍で倒れた。手術は成功したそうだが、片目の視力と聴力を失ってしまったらしい。医師からは音楽活動を止められていたそうだ。それでも、Roxetteとして、Marieは2009年にライブツアーに復帰し、3枚のオリジナルアルバムを発表。Marieはソロとしてもアルバムを出していたそうだ。

 

2016年4月、病と闘いながらRoxetteとしてライブツアーを行っていたMarieにドクターストップがかかる。Marieは、「残念だけど、ここで私のツアーは終了することになりました。この場を借りて、私たちの長く、充実した旅に付き合ってくれた世界中の素晴らしいファンに感謝の言葉を送ります」と、コメントを発表した。

Perもまた、「楽しかったドライブ(※1991年に発表した3枚目のアルバムタイトル名の"Joyride"という言葉を用いて)はこれで終わりだけど、ねえ、僕たちこれまで本当に楽しかったよね?」というコメントを発表。

その後2016年6月にRoxetteとして10枚目の、最後のオリジナルアルバムとなった”Good Kharma"を発表した。

(※WikipediaRoxetteの各CDアルバムのライナーノーツ参照)

 

☆☆☆

 

 

Roxette 2枚目のアルバム "Look Sharp!" から、

米国で大ヒットのきっかけとなった、"The Look"

 

 

初めて聴いたRoxetteの曲は、"Listen to your heart"だった

 

 

Roxetteの曲の歌詞の内容は大人の男女の愛、別れなんかが多い。

この曲は可愛くて週末の朝に聴きたくなる。 

7枚目のアルバム"Room Service"から、"Milk and Toast and Honey"

 

 

ありがとう、Marie Fredriksson!