Things a little bird told me

出会った野鳥や自然のことを中心に綴っています。

あたま隠して、しっぽ…かくれず

 

f:id:chocotarou:20200211153425j:plain

 

登山道の入り口で、

最初にルリビタキさんに出会った。

今季、どこに行っても100%の確率で出会えるルリビタキさん。

しばらくここで木の実を食べた後に、移動していった。

その後にやって来たのは、

メスのアオジさん。

 

f:id:chocotarou:20200211154745j:plain

f:id:chocotarou:20200211154846j:plain

 

じっと待っていたら、足元に降りて来て、

僅かに残ったエノコログサの小穂を食べ始めた。

f:id:chocotarou:20200211160146j:plain

 

顔についてるで~

f:id:chocotarou:20200211160410j:plain

 

f:id:chocotarou:20200211160511j:plain

「ん?なんか見られてるみたい…」

 

f:id:chocotarou:20200211160607j:plain

「綺麗にしておかなくっちゃ!」

 

f:id:chocotarou:20200211160732j:plain

 

まだ顔についたままやで~!

 

🐦🐦🐦🐦🐦

 

草むらの中からしきりに聞こえてくる、舌打ちの音。

わずかに揺れている雑草の影を目で追う。

だんだん近づいてくる。

じっと待つ。

次の瞬間、ぴたっと微かに揺れていた雑草の波が止まる。

同時に舌打ちの声も止んだ。

そして、そのまま…

遠ざかっていく…(笑)

 

そんなやりとりを楽しんでた。

でもこの日は、舌打ちの声は上から降って来た。

声の主は、ウグイスさん。

 

どこにいるかな?

f:id:chocotarou:20200211162528j:plain

 

 木の陰から、そ~っと様子を伺う。

f:id:chocotarou:20200211162616j:plain


さっと、身を伏せたけど、

あたま隠して、しっぽ、隠れてないわ…

f:id:chocotarou:20200211162735j:plain

 

f:id:chocotarou:20200211162902j:plain

「そーっと、そーっとね…」

そーっと出て来た。

f:id:chocotarou:20200211162957j:plain

f:id:chocotarou:20200211163021j:plain

 

美しい囀りのわりには地味な羽色(失礼…)だけど、

可愛い顔してる。

f:id:chocotarou:20200211163048j:plain


全身の姿を撮れたのは、初めてかもしれない…。

 

 

📝

ウグイス(鶯)

学名:Cettia diphone

英名:Japanese Bush Warbler

スズメ目ウグイス科。体長約14~16㎝。雄の方が少し大きい。雌雄同色。頭~尾までの上面はオリーブ褐色で、下面は白っぽい。東アジアに生息する。日本では留鳥。北海道では夏鳥。日本三鳴鳥の1種で、春告げ鳥とも言われる。一夫多妻制で、メスのみが抱卵し、育雛する。ホトトギスに托卵されることがある。警戒心が強く、囀っている間も藪に隠れていて姿を現すことはあまりない。

その美しい囀りから、Japanese Nightingaleという英名があったが、日本のウグイスは夜に囀ることは無いため、この名前は通常使用されなくなった。(Nightingale=サヨナキドリ(ヨーロッパに生息する。囀りが美しく、夕暮れ後~夜明け前に囀る。))

(※Wikipediaより)

 

 

今年は1月下旬に早くもウグイスが囀りの練習をしているのを聞いた…。

春はもうすぐ!?

 

本日も素敵な一日となりますように!