Things a little bird told me

鳥さんや自然のことを中心に綴っています。

ヒレンジャクとキレンジャク

今季、当たり年と言われているレンジャクの飛来。

公園にも大群がやって来ていました。

今度はヒレンジャクの大群に出会うことができました。

100羽以上の大群が一斉に飛び出す姿は圧巻でした。

 

f:id:chocotarou:20200222210223j:plain

100羽以上いた群れ、の一部です

f:id:chocotarou:20200222210407j:plain

大群だけど、鳴き声は「チリリ」とかすかに聞こえる小さな鈴の音みたい



しばらく木の枝にとまっていたけど、

1羽がネズミモチの木へと飛び立つと100羽の集団が次々と後に続く。

食事時間は1分にも満たないぐらい。

大移動の様子をあっけにとられて見ているうちに、

あっという間に、すぐまた高い木の枝に戻って行く。

f:id:chocotarou:20200222210726j:plain

f:id:chocotarou:20200222210756j:plain

 

後ろ姿の羽の色。

ヒレンジャクの尾羽の先は赤い。

黒い過眼線も後頭まで達している。

f:id:chocotarou:20200222210847j:plain

f:id:chocotarou:20200222211137j:plain

 

しばらく木の枝で休んだ後、

大群で次は水を飲みに水場に下りていく。

水を飲み終わった順番にまた木に帰って行く。

f:id:chocotarou:20200222211422j:plain

嘴を水につけてすくい上げる

f:id:chocotarou:20200222211537j:plain

顔を上に上げ、すくった水を喉に流し込む

 

100羽以上からなる群れの中に恐らくたった1羽、キレンジャクがいた。

f:id:chocotarou:20200222211859j:plain

 

ヒレンジャクの群れと一緒に行動しているけど、

自分だけ皆と違うという意識があるのか…

群れから少し離れてとまっているのを見つけた。

f:id:chocotarou:20200222212205j:plain

 

どこかでキレンジャクの群れとはぐれてしまったのか、

キレンジャクヒレンジャクが集まる場所で、群れを間違えてしまったのか…

北へ帰る途中、仲間と合流できるといいね!

f:id:chocotarou:20200222212308j:plain

f:id:chocotarou:20200222212717j:plain

f:id:chocotarou:20200222212818j:plain

 

1羽のヒレンジャクが飛んで来て、

キレンジャクがとまっている枝の上の方にとまった。

f:id:chocotarou:20200222212933j:plain

上がヒレンジャク、下がキレンジャクです

 

再びネズミモチの木へ飛び出す!

f:id:chocotarou:20200222230028j:plain

 

実はもちろん丸飲み。

f:id:chocotarou:20200222230200j:plain

f:id:chocotarou:20200222230227j:plain

f:id:chocotarou:20200222230236j:plain

 

食後は木の枝でしばらく休憩して、また水場へ。

f:id:chocotarou:20200222230248j:plain

f:id:chocotarou:20200222230254j:plain

f:id:chocotarou:20200222230320j:plain

 

皆でゴクゴク飲んでます。

f:id:chocotarou:20200222230325j:plain



以前出会ったバーダーさんが、3、4年振りに見たと仰っていたので、

毎年必ず出会えるわけではないみたい。

出会えたのは奇跡やね。

出会いに感謝☆

 

 

📝

ヒレンジャク(緋連雀)

学名:Bombycilla japonica

英名:Japanese Waxwing

スズメ目レンジャク科。体長約18cm。キレンジャクより少し小さい。羽色はキレンジャクに似るが、黒い過眼線は後頭まで達している。尾の先端は黄色い。英名のWaxwingの由来となっている、次列風切先端部の赤い蝋状の突起はヒレンジャクには無い。

シベリア東部、中国北東部のアムール川ウスリー川流域で繁殖し、日本へは冬鳥として全国に飛来する。西日本へ多く飛来する。(対してキレンジャクは東日本へ多く飛来する傾向にあるそう。) (※野鳥大図鑑、Wikipediaから引用)

 

 

本日も素敵な一日をお送り下さい!