Things a little bird told me

出会った野鳥や自然のことを中心に綴っています。

春の色、春の寝ぐせ

 

桜の木に集まって来ていたメジロさん。

1羽のヒヨドリさんがやって来ると、皆、散り散りになって逃げて行った。

ヒヨドリさんは休憩したかっただけみたいで、しばらくして飛んで行ったけど…。

 

f:id:chocotarou:20200315170958j:plain

「ちょっととまっただけなのに、失礼しちゃうわ」

 

 すぐにまたメジロさんたちが集まってきた。

f:id:chocotarou:20200315171157j:plain

f:id:chocotarou:20200315171412j:plain

 

ヒヨドリさんもメジロさんも桜がとても似合う。

この後、桜の中に埋もれてるメジロさんが撮りたくて、

こんな写真ばっかり狙ってた(笑)

f:id:chocotarou:20200315171451j:plain

f:id:chocotarou:20200315171504j:plain

 

逆さまにぶら下がってる。

私もそんな強い三半規管が欲しい。

f:id:chocotarou:20200315171513j:plain

f:id:chocotarou:20200315171544j:plain

 

地面を見ると、緑の芝生の上をシメさんが食事中。

緑の芝にシメさんも似合うな~。

そろそろお別れやな(>_<)

f:id:chocotarou:20200315172554j:plain

f:id:chocotarou:20200315172605j:plain

f:id:chocotarou:20200315172612j:plain

f:id:chocotarou:20200315172626j:plain

 

近くを人が通ったので、木の上に避難した。

f:id:chocotarou:20200315172647j:plain

 

桜のピンク。

芝生の緑。

グレーの世界から少しずつ春色に染められていくこの時期が一番好きだ。

暗い色のコートを脱いで柔らかい色のコートに腕を通す瞬間、

心が軽く、明るくなる。

「さあ!新しい気持ちで1年頑張ろう!」と思う瞬間はこの時期。

新しいことに挑戦したくなる時期。

 

f:id:chocotarou:20200315172802j:plain

 

砂の中で埋もれてるスズメさんがいた。

砂浴び、とっても気持ち良さそう!

友達と行った別府の砂風呂を思い出した。

また行きたいな~(笑)

f:id:chocotarou:20200315203836j:plain

f:id:chocotarou:20200315203907j:plain

f:id:chocotarou:20200315203901j:plain

f:id:chocotarou:20200315203918j:plain

スズメさん、リフレッシュできたかな?

 

f:id:chocotarou:20200315204505j:plain

 

エナガさんに出会った。

小さな群れでいたけど、この枝にとまったこの子は女の子かな?

尾羽がわずかに曲がってる…

f:id:chocotarou:20200315204643j:plain

f:id:chocotarou:20200315204653j:plain

f:id:chocotarou:20200315204659j:plain

 

この寝ぐせは、春だけの寝ぐせやね!

 

🌸🌸🌸🌸🌸

 

日曜日の午後7:30からNHKで放送されている「ダーウィンが来た!」

3月15日の回は、「都会に進出!森の小鳥シジュウカラ」でした。

御覧になりましたか?

 

第635回「都会に進出!森の小鳥シジュウカラ」 ─ ダーウィンが来た! NHK

 

何故、森の小鳥が住宅街で生きていくことができるのか?

街中に緑が増えたこと、雑食であるシジュウカラにとって餌が豊富にあること、好奇心旺盛な性格や、そして何より森に比べて天敵が少ないこと等が要因だと紹介されていました。

シジュウカラはいくつかの鳴き声と、その鳴き声を並べ替えて発することで他のシジュウカラとコミュニケーションをとっていること等も番組の中で解説されていました。

シジュウカラヤマガラコゲラメジロエナガなどのカラ類の小鳥たちは効率良く餌を得ることができるよう、餌が減る冬になると混群を作って行動する姿は、よく森や公園で観察することができます。そして今回の番組で、混群で過ごすことで、種別間で鳴き声を理解しているということを初めて知ることができました。

番組の中で、あるお宅の郵便受けの中で子育てをしていたシジュウカラのペアの巣に、天敵の猫が近づいた時、同じ混群の仲間であるヤマガラが、シジュウカラの発した「警戒!集合!」の声を聞きつけどこからか助けにやって来ていました。

 

混群は、カラ類だけでなく、冬に越冬でやって来ていたキクイタダキヤマガラと一緒に行動していたり、夏に繁殖のため日本にやって来るムシクイも、カラガラと一緒に行動しているのを見かけることがあります。

天敵の多い小鳥たちは、ただ餌の確保のためだけに混群でいるのではなく、種別を超えてお互い助け合って生きている。

森に住まう小さな小鳥たちが知恵を絞って都会で生きていく姿を見ると心から応援したくなりますね(*^^*)

 

 

本日も御覧頂きありがとうございました♪

素敵な一日をお過ごし下さい!