Things a little bird told me

出会った野鳥や自然のことを中心に綴っています。

小、中、大!のシラサギさん

自宅で過ごす時間が多くなり、

時間ができたらやろうと思っていたことをしながら過ごしている。

いつも掃除できてないところ(洗濯パンとか…)を掃除したり、

溜まっていた録画を見たり、

マスクを手作りしてみたり…(☜今一番ハマっていることはコレ)、

過去の写真の整理をしたり…。

 

 

f:id:chocotarou:20200417221149j:plain

f:id:chocotarou:20200417221219j:plain

 

夏鳥1番手でツバメがどんどん飛来して来てた3月下旬、

旅立ち前の冬鳥たちにチラホラ出会った。

フィールドは、夏鳥と冬鳥が交錯していた。

 

オオジュリン

葦の間でチラチラと動く小さな影。

夏羽へと変身の途中。

オスの顔が濃くなってきていた。

もう今頃は北国に続々と到着しているかな。

f:id:chocotarou:20200417223239j:plain

f:id:chocotarou:20200417223322j:plain

メスさん。

f:id:chocotarou:20200417223931j:plain

f:id:chocotarou:20200417223941j:plain

 

 

以前、シラサギとは、小さい順に、アマサギコサギチュウサギダイサギの総称であるということを、👇記事にしたことがありました。

 

 

この日は4種のうちの3種に会うことができた。

なので、備忘録としてまとめ💦

まずは…

 

 小!

コサギ

f:id:chocotarou:20200419231627j:plain

 

こちらでは留鳥(年中見られる)です。

北海道では夏鳥、冬は国内の暖地、東南アジアに移動する。

体長約61cm。チュウサギダイサギよりも小さいので、見分け易いです。

彼らの特徴として、夏羽になると2本の冠羽が見られること、

足の指が黄色いこと。

 

f:id:chocotarou:20200419232435j:plain

「黄色い靴下、オシャレやろ?」

f:id:chocotarou:20200419232620j:plain

「夏羽は、胸と背中の飾り羽が綺麗やねん」

 

中!

チュウサギ

f:id:chocotarou:20200419232930j:plain

 

南アジア、アフリカ、オーストラリアなどに分布。

こちらでは夏鳥として南国から日本に飛来し繁殖します。

体長約68㎝。

名前の通り、コサギダイサギの中間のサイズ。

飛来数が少ないのであまり会うことは無いです。

ダイサギとの見分けが難しい…。(見分けについて後述します)

一緒にいてくれたら、体の大きさで区別できるんだけど。

 

f:id:chocotarou:20200419233426j:plain

f:id:chocotarou:20200420102406j:plain

 

大!

ダイサギ

f:id:chocotarou:20200420102209j:plain

 

とにかくシラサギ類の中で一番大きい。

首も嘴も足も長~い。

体長約90㎝。

 

f:id:chocotarou:20200420102706j:plain

 

前述の過去のブログにも記載した通り、

ダイサギは国内で年中見ることができるのですが、実は渡り鳥。

夏と冬で見られるダイサギは別の亜種になります。

冬に国内で見られる亜種ダイサギ(オオダイサギ)は、日本より北で繁殖し、

冬鳥として日本に越冬にやって来ます。

大きさは、アオサギより大きいか、アオサギと同大になります。

 

夏に国内で見られる亜種チュウダイサギは、日本より南で越冬し(一部国内で越冬)、

夏鳥として日本に飛来し、繁殖します。

大きさは、アオサギよりも少し小さくなります。

 

f:id:chocotarou:20200420104247j:plain

ちなみに写真のダイサギさんが、オオダイサギなのかチュウダイサギなのか特定できなかった…。

アオサギさんが近くにいたらサイズの比較ができるのだけど、こういう時に限っていつも居るアオさんが居ない…。

どこ行った?

 

🐤🐤🐤🐤🐤

 

チュウサギダイサギの見分け方

チュウサギダイサギが一緒に近くに居れば、

大きさで区別することができるのだけど、

どちらか一方しかいないことの方が多いと思う。

Birder歴の浅い私が参考にしている、よく言われている見分け方の違いを簡単に。

 

☆☆☆「口角の長さの違い」☆☆☆

チュウサギの口角は、目尻の辺りぐらいまで。

ダイサギの口角は、目尻の更に後方まで伸びている。

(注:角度によって見え方が変わる場合も…)

f:id:chocotarou:20200420114531j:plain
f:id:chocotarou:20200420114550j:plain
左:チュウサギ 右:ダイサギ ダイサギの口角は目の後方まで伸びている

後頭部もチュウサギの方が丸みを帯びていて、

ダイサギの方が平らなようにも見えますが、

個体差があるかもしれません。

 

🐤🐤🐤🐤🐤

 

渡り鳥のカモさんも随分少なくなったな、と隣の池を覗くと、

池の中央付近にある噴水の上に、アオサギさんが居た…。

f:id:chocotarou:20200420111752j:plain

…カワウさんはいつも通り羽を乾かしに来ているだけ

 

アオサギさん、そんなところで…(立派な巣ですが)

そこは水鳥たちがよく羽を休めに来る場所ですが、落ち着かないんじゃ…。

f:id:chocotarou:20200420112237j:plain

「…ちょ、ちょっと!くつろがないで下さいよ!」


カワウたちも、巣作りに忙しいみたい。

f:id:chocotarou:20200420112406j:plain

f:id:chocotarou:20200420112434j:plain

 

皆さまにとって素敵な一日となりますように!