Things a little bird told me

出会った野鳥や自然のことを中心に綴っています。

シメさん

夕方になると、薄暗い林の中へシメさんが

10羽ぐらいの群れでごはんを食べにやって来た。

初めは木の梢で木の実をムシャムシャ食べていたけど、

1羽が地面に降りると、次々と他の子たちも降りて来た。

土の上に落ちている種子などを探して食べているんだ。

微かに聞こえる「チー」という地鳴きでコミュニケーションを取りあっていた。

群れでいるシメさんを初めて見た。

 

 

f:id:chocotarou:20200129225209j:plain

 

何かを見つけたみたい。

f:id:chocotarou:20200129225217j:plain

 

土ごと嘴で拾い上げた。

f:id:chocotarou:20200129225239j:plain

 

冬羽のシメさんは、ピンク色の嘴をしているけど、

夏羽になるといぶし銀の嘴に変身するんだって。

いぶし銀の君が見たいなら北海道まで行かないといけないか…。

f:id:chocotarou:20200129225329j:plain

 

ジャンプ!

f:id:chocotarou:20200129225337j:plain

f:id:chocotarou:20200129225403j:plain

 

もう一度、ジャンプ!

f:id:chocotarou:20200129225438j:plain

f:id:chocotarou:20200129225449j:plain

 

シメさんの羽はとても綺麗な色をしているよね。

虹彩が薄いから目つきが悪いように見えるけど、

ずんぐりむっくりの体が可愛いの。

f:id:chocotarou:20200129225524j:plain

 

 

🐤🐤🐤🐤🐤

 

 

オスのシメさんは、嘴基部から目先にかけて黒い。

f:id:chocotarou:20200129225529j:plain

 

 

メスのシメさんは、嘴基部から目先にかけては黒くありません。

メスのシメさんの方が、目元が優しい感じがする。

f:id:chocotarou:20200129225550j:plain

f:id:chocotarou:20200129225626j:plain

 

 

📝

シメ(鴲、蝋嘴、比女)

学名:Coccothraustes coccothraustes

英名:Hawfinch

スズメ目アトリ科。体長約19㎝。オスは頭部、耳羽が茶褐色。後頸がグレー。目先が黒い。メスは全体的に淡色になる。日本では北海道、本州中部以北では夏鳥。冬は越冬の為、南下する。平地の落葉広葉樹林や雑木林で見られる。平安時代は比女鳥と呼ばれていた。「シー」と聞こえる鳴き声と鳥を意味する接尾語である「メ」が和名の由来となっているそう。(※Wikipedia、野鳥大図鑑等引用)

 

 

素敵な一日をお過ごしください!