Things a little bird told me

出会った野鳥や自然のことを中心に綴っています。

エナガキッズ!

この春、会いたかったのは、

まだ出会ったことの無い青い鳥御三家の1種、コルリ

昨年一瞬だけ見られた、コマドリ

同じく昨年、偶然山歩きで薄暗い中見られた、エナガ団子だった。

外出禁止要請さえ無ければ…。

 

4月の週末は近くの公園を散策する程度…。

そんな中、素敵な瞬間に出会うことができた。

 

 

公園に行く度に出会えたエナガさん。 

4月下旬、親鳥たちは子どもたちへの給餌に大忙しだった。

f:id:chocotarou:20200713132648j:plain

f:id:chocotarou:20200713133251j:plain
f:id:chocotarou:20200713133303j:plain

パパとママは枝から枝へ大忙し。栄養たっぷりの虫を幼鳥に与えます

 

エナガのアイリングは成鳥は黄色、幼鳥は赤色です。

嘴基部から目の上を通って背中まで伸びている眉斑は、

幼鳥の場合、成鳥よりも薄く、目の下の頬まで覆われています。

f:id:chocotarou:20200713133522j:plain

親鳥を待つ子どもたち

 

自分で餌を捕る子も出て来た。

f:id:chocotarou:20200713133611j:plain

自分で餌を捕れたね!

f:id:chocotarou:20200713133830j:plain

「あなたはだあれ?なにしてるの?」

 

エナガの家族は少しずつ場所を移動しながら採餌。

子どもたちは親鳥について行きながら、

親鳥から餌をもらったり、自分で餌を捕ったり…。

そんな中…

f:id:chocotarou:20200713134748j:plain

f:id:chocotarou:20200713134831j:plain

「う~ん…気持ちいいなあ~」

f:id:chocotarou:20200713134924j:plain

「…なんだか眠たくなってきちゃった」

f:id:chocotarou:20200713135046j:plain

「瞼が…開かないよ…」

 

大変!

とろけるマシュマロのような恰好で眠り始めた1羽のエナガっ子ちゃんを置いて、

エナガ一家は皆移動してしまった。

エナガの鳴き声も聞こえなくなってしまった。

このまま誘拐されてしまったら、どうしよう…。

 

家族が飛んで行った方を探しに行ってみる。

だけど見つからない。

待つこと5分…10分…すると皆戻って来た。

眠っていた子も、兄妹たちに起こされてまた一緒に元気に飛び回り始めた。

皆気づいて戻って来てくれたのかな?

 

しばらくすると今度は、子どもたちを残して親鳥だけで出かけて行った。

「ここで大人しく待っているのよ。すぐに帰ってくるからね」

f:id:chocotarou:20200713144114j:plain

f:id:chocotarou:20200713141204j:plain

まだ少し花びらが残る桜の中を、お母さんたちは出かけて行った。

 

🐤🐤🐤🐤🐤🐤

 

待っている間、子どもたちはそれぞれ餌を捕る練習。

1羽の子が桜の実を見つめていると、他の皆も興味深々。

同じように真似をして桜の実をつつき始めました。

f:id:chocotarou:20200713145926j:plain

f:id:chocotarou:20200713150025j:plain

f:id:chocotarou:20200713150037j:plain

「これは食べられないのかなあ?」

 

公園でも会える小さな小さな小鳥、エナガさん。

子どもたちの可愛い仕草に思わず顔がほころんでしまう。

 

to be continued…

 

🌂🌂🌂🌂🌂

 

終わりの見えない長い梅雨。

バケツをひっくり返したような降雨の時間帯もあり心配です。

各地で甚大な被害をもたらしています。

これ以上被害が広がらないよう願うばかりです。