Things a little bird told me

出会った野鳥や自然のことを中心に綴っています。

田んぼに集う鳥さんたち

f:id:chocotarou:20201014160304j:plain

f:id:chocotarou:20201014160315j:plain

 

10月上旬、田んぼの隅っこではコスモスが咲き始めていました。

 

f:id:chocotarou:20201014160320j:plain

 

稲刈りが終わった田んぼでは、

ハト、ムクドリ、スズメたちが落穂を求めてやって来ました。

鳥さんたちにとっても恵みの秋。

 

f:id:chocotarou:20201014160324j:plain

f:id:chocotarou:20201014160752j:plain

 

まだ稲刈りが終わっていない田んぼの畦道では、

ハクセキレイさんと、旅の途中に田んぼに立ち寄ったノビタキさん。

お互い一定の距離を保っていましたが、ノビタキさんのことが気になるのか?

そ~っと近づこうとしていたハクセキレイさん。

 

f:id:chocotarou:20201013181228j:plain

f:id:chocotarou:20201013181230j:plain

 

ノビタキさんが背後のハクセキレイさんを威嚇して、またこの距離間。

 

f:id:chocotarou:20201013181239j:plain

 

もずおさんも、田んぼの虫を狙っていました。 

 

f:id:chocotarou:20201014161454j:plain

 

よ~く見ると、稲の周りをたくさんの虫が飛んでいて、

 

f:id:chocotarou:20201014161652j:plain

 

この虫を食べに、上空をたくさんのコシアカツバメたちが飛び回っていました。

ツバメの数はだいぶ減り、こちらでは見かけることがほとんどなくなりましたが、

コシアカツバメはこの時期でも群れで見かけることがあります。

 

f:id:chocotarou:20201014161857j:plain

 

コシアカツバメは春、ツバメよりも少し遅れて日本にやって来るので、

日本を離れる時もツバメよりも少し遅く旅立って行くのかもしれません。

 

f:id:chocotarou:20201014161955j:plain

f:id:chocotarou:20201014162004j:plain

f:id:chocotarou:20201014162006j:plain

f:id:chocotarou:20201014162012j:plain

f:id:chocotarou:20201014162023j:plain

 

なんて思っていたら…

30羽近くいたコシアカツバメの中にツバメが2羽いた。

遠過ぎてはっきりしない写真ばかりだけど(-_-;)

右は尾羽が長いので成鳥、左は尾羽がまだ短いので、今年生まれの幼鳥。

この時期成鳥がまだいるということは遅くまで子育てをしていたのかな?

幼鳥にとっては、1度渡りを経験している先輩ツバメと一緒なのはきっと心強いね。

 

f:id:chocotarou:20201014162015j:plain

コシアカツバメの群れの中にいた2羽のツバメ

 

ツバメたち渡り鳥は、巣立ち後すぐに南へと旅立つのではなく、

長い時間飛び続けるための体力をつけたり、脂肪を増やすためにたくさん食べて、

渡りへの準備を始めるそうです。

準備が整った子たちから南下を始めます。

途中、陸地では田んぼや自然の多い場所に立ち寄って

餌を捕ったり休憩することができますが、

餌が捕れない海上の長距離移動になると、余分な体重を減らし体を軽くするため、

飛ぶために必要な筋肉と脂肪だけを残し、飛ぶのに必要の無い腸を吸収するそうです。

 

f:id:chocotarou:20201014162031j:plain

 

夏鳥旅鳥が立ち寄るのは10月いっぱいぐらいまでかな?

さよなら。元気で!

南の国へ行ってらっしゃい!

 

 

皆さまにとって、今日が素敵な一日となりますように☆