Things a little bird told me

出会った野鳥や自然のことを綴っています

久し振りの山歩き

私の住む地域でも緊急事態宣言が解除となります。

最初の緊急事態宣言時のように、

電車に人がほとんど乗っていない、外出自粛の放送が流れる、

ということが無く、人が行き交う普段と変わらない日常だったので、

緊急事態宣言中だったという感じがしませんでした。

ワクチン接種も始まったし、

このまま世の中が少しずつ明るい方に向いていくことを願いたいです。

 

 

山歩きで出会った鳥さん

 

暖かかった2月のある日の午後、

近くの山へ山歩きに行ってきた。

鳥さん目当てというよりも、

今年初の山歩きを楽しみたいと思った。(ちゃっかり鳥さん用レンズは背負って行った…)

しかも「山歩き」のブログを書くつもりが道中の写真を全く撮ってなくて結局、鳥さんしか撮ってない(笑)

昼食後に出発したので、3時か遅くても4時までには戻る予定で登り始めた。

 

日本固有種のキツツキ

f:id:chocotarou:20210228115130j:plain

 

最初に出会ったのはアオゲラの女の子。

ここまで近くで見られたのは初めてかもしれない。

こちらに気付いて木の裏にスルスルと隠れちゃった。

Japanese green woodpecker又は、Japanese woodpeckerという名の通り、

日本固有種。

日本にしかいないなんて、なんだか不思議な感じ。

 

咲くまで待てないメジロちゃん

f:id:chocotarou:20210228120429j:plain

f:id:chocotarou:20210228120502j:plain

花粉付きのドヤ顔メジロちゃん


メジロちゃんが、まだ花びらが開いていない蕾の中に顔を突っ込んでた。

傍には咲いている椿の花もあったけど、どんだけ食い意地張ってるね~ん!

 

トラさん

「わたくし、生まれは葛飾柴又…」ではなくて、

日本では留鳥または漂鳥です。名前は寅ではなくて虎鶫。

名前の由来は虎のような模様をした羽色から。

 

山道からそんなに離れていない林の中をガサガサ動いていた。

この山にはアオジシロハラがたくさん来ているので、

シロハラかな?と思って見ると、久し振りのトラツグミだった。

しかも、軽快な足取りでこっちに向かって来る!

 

f:id:chocotarou:20210228124213j:plain

f:id:chocotarou:20210228124503j:plain

こちらに気付いて足を止めた

動かずにじっとしていると、

トラさんはこちらに気付いて立ち止まり、しばらくフリーズ。

そのあと、「左向け左」を2回して、軽快な足取りで林の奥へと消えて行った。

 

f:id:chocotarou:20210228124859j:plain

「そうそう用事思い出したわ」と、方向転換して林に帰って行った

f:id:chocotarou:20210228125205j:plain

 

やっと会えた!

「もし会えるとしたら、あの辺じゃないかな?」

と思い、昨シーズンは寒くても何度かこの山に上がっていた。

この日も暗い林の中をじっと見つめて探してみる。

「チッ」と、地鳴きの声がする。アオジかな?

 

f:id:chocotarou:20210228130140j:plain

種のようなものを咥えたオスのクロジさん

去年あんなに探して見つけられなかったはじめましてのクロジさん!

アオジだと思って見ていたら、この暗い一帯にいるのは全てクロジたち。

クロジは嘴と足だけほんのりピンク色をしていて、全身は黒っぽい。

暗い林にいることが多くて見つけるのが大変。

 

f:id:chocotarou:20210228131601j:plain

メスのクロジさん

メスのクロジの羽色は黒くなく、少しオリーブがかった褐色で、

アオジのメスにそっくり。

アオジとの見分け方は、腰の色なのだそうだ。

写真のメスのクロジさんの尾羽の基部より上の腰の部分が茶褐色。

これがクロジの決め手になるそう。

 

f:id:chocotarou:20210228132505j:plain

 

少し明るいところに来てくれないかな~と期待するものの、

なかなか暗闇から出て来てくれなかった。

 

 

📝クロジ(黒鵐)

学名:Emberiza variabilis

英名:Grey Bunting

スズメ目ホオジロホオジロ属。体長約17㎝。

漂鳥。中部以北で繁殖。西日本では主に冬鳥。

日本以外ではカムチャッカ、千島列島、サハリンのみの分布。

オスは全体的に墨色がかった灰黒色。メスはややオリーブ色みがかった褐色。

林の薄暗い場所を好んで生活する。

ホオジロ属の特徴である尾羽の両端にある白い羽は、クロジには無い。

 

水辺にやって来ていた鳥さん

この時点で、もうすでに3時を過ぎていた!

山歩きの予定が、いつの間にか鳥見に変わっていた(笑)

まだ頂上から下りて来て、400m辺りをうろうろしている💦

下っていると、ちょろちょろと水が流れているところで、

小鳥たちが飛び回っているので、またまた足を止めてしまった。

ソウシチョウの大群や、ヤマガラエナガメジロがやって来ていた。

人間のおやつの時間に小鳥たちは入浴の時間だったみたい。

 

しゃがんでじっと待っていたら、奥の方で小さな水しぶき。

カラガラの混群にキクちゃんも混ざっていたみたい。

目の前に草が被り、キクちゃんの前にも枝が被りダブル被り写真になってしまった(笑)

 

f:id:chocotarou:20210228135846j:plain

f:id:chocotarou:20210228135727j:plain

枝被りのキクちゃんの入浴

 

この日は暖かかったからか、小鳥たちの入浴時間だったのか。

次々と鳥さんたちがやって来る。

ヤマガラさんも。

 

f:id:chocotarou:20210228140250j:plain


オスのクロジさんもやって来た。

少しだけ明るいところに出て来てくれた。

ちょっと青みがかったような羽色はとても綺麗♡

この羽色が見たくて探し続けてた。

 

f:id:chocotarou:20210228132808j:plain

水辺に現れたオスのクロジさん


結局、山を下りて来たのは5時(笑)

思いがけずに色んな鳥さんに出会って、山歩きではなく鳥見になってしまった。

 

f:id:chocotarou:20210228141046j:plain

f:id:chocotarou:20210228141128j:plain

f:id:chocotarou:20210228141134j:plain


紅梅は満開で、他は2,3本咲いていた木もあったけど、

全体的に梅はまだ蕾といった感じだった(撮影は2月13日)

恐らく、今週辺りが見頃なんじゃないかな。

 

低山ハイクをしながらの鳥見が一番私の好きなスタイルではあるけれど。

昼を過ぎると陽も傾いて来る。

山に上がって鳥を見るなら早朝が一番会える確率は高い。

これから暖かくなって来るので朝からのハイキングにシフトして行きたい(^^;

 

今日から3月。

新しい月のスタート日。

素敵な一日となりますように☆